SEOとdescriptionタグの効果

かつてはHTMLのタグ使いで検索エンジンの評価を上げていた時代がありました。
例えば、同じく太字で表示するにも単なる視覚強調のbタグより意味強調のstrongタグを使った方が検索エンジンに注目されやすくなり評価が高いといった具合ですね。
しかし現在では多くの大手検索エンジンでHTMLタグによるSEO効果はほとんどないと公表されております。
ただ、それでもおさえておくべきHTMLのポイントがあります。
それはmetaタグにおけるdescriptionの記述です。
metaタグに関してはかつてはmetakeywordsこそがSEOにおける最重要タグとさえ言われておりましたが、今はdescriptionの方が重要です。
といってもこの記述に直接評価を上げる性質はありません。
どういうことかというと、このdescriptionというのは検索エンジンで表示されたサイト一覧の説明文部分を入力するための記述だからです。
人はキーワード検索してヒットしたサイト一覧の説明文を読んでアクセスするかどうか決めますので、検索エンジンの評価というより人の評価を上げるための記述ということです。
もちろんアクセス率が上がれば検索エンジンの評価も上がりますのでそういた意味では間接的にSEO効果をもったHTMLとも言えるでしょう。
したがって、これにより読んだ人が興味を引くような説明文を打ちこむことがポイントとなります。